パパ、やってみるよ。

勝手気ままに色々書きます。ふーん。こんな奴もいるんだくらいで読んで欲しい。

【暇な人以外は読まないでください】電車内で起こった珍事件。

こんにちはメタジィです。

 

今日は、僕が電車で体験した珍事件を書きたいと思います。

 

 

 

僕は、普段電車に乗りません。

それは、電車に乗る事に慣れてないし、他人に囲まれるのも嫌だからです。

でも、その日は乗る事に。。

 

 

 

 

天気が良い日でした。

 

朝の9時頃だったと思います。

 

電車内は僕が思っていたより人は少なく、椅子は埋まっているものの、立ってる人はチラホラ。

 

 

 

 

は、出入口付近。入って直ぐ左のステンレスの棒に捕まりました。

出入口を挟んで反対側にある右のステンレスの棒には、学生風の男子が立っていました。

また、僕らがいる出入口の直近、真正面のつり革には、身長180cmくらいある、ちょいワル風のおじさんがつかまっていて、学生風男子チョイワル親父の3人が三角形になる位置関係でした。

 

 

 

次の駅で、小柄で小太りのオタク風親父が入ってきて、チョイワル親父学生風男子の間に立ちました。

 

 

 

 

 

僕は直ぐ、オタク親父の異変に気付きました。。

 

 

 

 

 

めっちゃ見てる!!僕のほう。。

 

 

 

 

 

えっ!なに?

こわっ!と思い

僕はオタク親父の方は見ない様にしてました。

 

 

 

 

 

その後チラッと、オタク親父のほうを見るとチョイ悪親父ガン見してる!

 

 

 

 

 

チョイ悪親父も横目でチラチラ気にはしているものの、目を合わせない様にしていました。

 

 

 

 

 

でも、オタク親父電車が揺れるたびに、少しずつチョイ悪親父に近づいて行くんです。。

 

 

 

 

さすがにチョイ悪親父も気になったのか、オタク親父のほうを見て、

 

 

 

 

なんだキサマっ!!

 

 

するといきなり、オタク親父チョイ悪親父の胸倉につかみかかりました!!

 

 

 

 

 

 

チョイ悪親父なっ!なんだ!離せ!離すんだ!!車掌呼ぶぞっ!!」

 

 

 

 

 

 

あっ!やばい!殴るぞコイツ!?っと思って二人を離そうとしたとき、チョイ悪親父学生風男子が立ってた出入口の開閉ボタンを指差して

 

 

 

 

 

チョイ悪誰か!そこのボタンを押してくれっーーー!」

 

って言うんです。。

 

 

 

 

え?開閉ボタンなんですけど。。

 

 

学生風男子は頭にハテナマークが浮かんでました。

 

 

 

 

 

そうこうしてる間に、他のお客さんが二人を引き離し、チョイ悪親父はスタスタと僕たちのいる出入口の前まで歩いていきました。

 

 

 

 

 

 

 

え?開閉ボタンなんですけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

チョイ悪親父もようやく気付いたようでボタンの目の前で立ち尽くしてました。

 

 

 

 

 

 

 

その後、チョイ悪親父は車内上部にあるSOSボタンを押して電車は緊急停車。

 

 

 

やっぱり、電車は乗るもんじゃないと思うメタジイなのでした。

 

おわり。

 

 

 

↓↓良ければポチッと押さないでください。↓↓


にほんブログ村

 

 

広告を非表示にする